カテゴリ:作り方紹介( 14 )

ハートのチョコパウンド サプライズインサイドケーキ 作り方

f0305147_10593985.jpg

こんにちは♪

幸せな蜥蜴にご訪問、ありがとうございます^_^

今日作ったのは以前からずーっとやってみたい!って思っててなかなかやっていなかった、サプライズインサイドケーキです。

surprise insideとは読んでそのとうり、サプライズが中に入ったケーキ。ぱっと見普通なケーキを切ると、サプライズが入っているビックリケーキの事です。


今回ハートの位置が上になりすぎちゃったことをのぞけば、なかなか満足な出来上がり( ´ ▽ ` )

では作り方♪(ざっくりですけど)

ピンクのハート材料

15センチ丸型

バター100g
砂糖90g
卵2コ (正味100g)
☆薄力粉100g
☆フリーズドライストロベリーパウダー10g
お好みで着色料の赤

☆は合わせておく

室温のバターをハンドミキサーでふんわりするまで混ぜる。

砂糖を加えよく混ぜる。

冷たくない卵を少しずつ加えてよく混ぜる。

合わせておいた粉類を加えてツヤが出るまで混ぜる。ストロベリーパウダーを10g入れた時点で結構生地はピンクです。苺の香りもふわ〜〜っといい感じ。

私はよりはっきりした色を出したかったので、ウィルトンのジェルカラーの赤を少し加えました。

この辺はもう好みです。

もしもストロベリーパウダーがなかったら、色だけ変えるのもありだと思いますら、

プレーン生地とココア生地でもラブリーだと思うし^_^

さて、型に流して170度で40分焼く。
f0305147_10593921.jpg

冷めたら型抜きしやすい厚さにスライスして
ハートのクッキーカッターで抜く。

焼き色のついたところは使わないでね!
f0305147_10594056.jpg

ケーキを焼く前に空気をちゃんと抜かなかったから結構気泡が…(笑)

でもかわいい〜〜♪

ハートが乾燥しないようにラップしたり袋に入れたりして、ハートさん達はちと待機。

次はチョコパウンドの準備です。

チョコパウンド材料 16センチパウンド型

バター80g
砂糖80g
全卵80g
☆薄力粉65g
☆ココアパウダー25g

☆は合わせておく

ピンクの時と同じ要領で生地をつくる。
f0305147_10594173.jpg

底に少しチョコ生地をしいたらハートをズラ〜っと隙間なく並べる。
隙間には生地をしぼり袋に入れて埋めていく。
f0305147_10594162.jpg

全部ハートが隠れたら、型をテーブルの上などにバンっと打って空気を抜く。

170度で40分焼いて…
f0305147_10594160.jpg

ドキドキ。熱いうちにシロップ打っておきました。ちゃんとできてるかなー>_<

f0305147_10594290.jpg

できてた〜( ´ ▽ ` )
ちょっとハート上すぎ!
下のチョコ生地をもっと少なくしないとね〜(笑)
ハートの位置がうまくいったら誰かにプレゼントしたいなー!


バレンタインとかにいいかも…。

あげる人いないけど〜〜。
お母さんからハート貰ってもムスコたちは嬉しくなさそうだしね!笑)

さてさて、一回焼いたケーキをもう一回焼く事に抵抗があって、やってみたいと思いつつ躊躇していたこのケーキ。

パサつくんじゃないかって。

で、実際作ってみたら…全然大丈夫でした( ´ ▽ ` )

ハートの周りをケーキ生地で包むので、水分が抜けることもなく美味しく出来上がりました。

他の形でも挑戦したいな〜〜♪


ランキングに参加しています。よかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 スイーツブログ デコレーションへ 






by moro1217 | 2015-10-25 10:25 | 作り方紹介 | Comments(0)

自分で作るクッキーカッターで勾玉クッキー

f0305147_22123167.jpg

おはようございます。
ご訪問ありがとうございます。

今日はタイトルどうり、自分で作ったクッキーカッターで作った勾玉クッキー(なんだそりゃ)を紹介します。

見てください、上の写真。
右下が蝋石で作った勾玉で、あとはクッキーです。(見りゃわかるか)

可愛い〜〜!

上の息子が最近歴史に興味を持ち始めた我が家。博物館で買った蝋石勾玉キットで作った勾玉をお手本に、クッキーを作りました。

ネットでクッキーカッターを自作している方を何度かお見かけしていて、いつか私も!と思っていました。
それで今日なんとなく思いつきで作ってみたら、なんとなーく出来ました^ ^

まずはアルミ缶を用意、って今日は火曜。
ってことは全部ビンカンの回収に出しちゃった〜〜(涙)

ふぅ、ならば飲むしかないでしょう。
f0305147_22123160.jpg

はい、ごちそうさまでした。
ちょっぴりほろ酔ってきました。
このカンを開いて材料にします。

f0305147_22123159.jpg

底と蓋をきりはなしたら真ん中の板部分を4センチ位の幅で帯状に切ります。
キッチンバサミで切れました。でも指を切らないように注意してくださいね。軍手があったらした方が良いかと思います。
ただ手の安全が守られる一方、やりずらいかも・・・。
f0305147_22123162.jpg

あとは曲げたり伸ばしたりして、好みの形に整えるだけ。私はアルミ板の両端を持って、テーブルのフチにぐいぐい擦るようにして伸ばしました。
曲げるのは手でもいけました。

きっと専用の道具とかあるんでしょうね。

さて、最後に留める部分です。
私は合わさる2枚の板を2回折り込んでペンチでぎゅーっととめました。

一応金属用のボンドも家にあったのですが、食品に使うので結局つかいませんでした。
f0305147_22123216.jpg

ちょっと写真見ずらいかもしれませんが、たたみこんでるのがみえますか?

今回形が単純だったせいか、クッキー生地を寝かせている間にあっという間に出来上がりました。
f0305147_22123276.jpg

じゃじゃ〜ん。
ほろ酔いながらもなかなかの出来。
f0305147_22123221.jpg

翠に着色したクッキー生地を伸ばして
f0305147_22123200.jpg

よいしょ!上手く抜けた〜!うれしい〜〜!
どうみても、カンマですね。これ。→’ このマーク。
おっと、穴を開けないとね。ストローでぶすっと。
f0305147_22123252.jpg

よしよし。
焼いたら〜
f0305147_22123336.jpg

考古学の風が吹いてきた〜〜(笑)
子供達が大喜びで、私も嬉しいです。

一方、仕事から帰ってきた主人。
勾玉クッキーを一目見た反応は薄いなんてもんじゃなくて、オーブンペーパーよりもペラッペラ。

価値観て人によって違うのね〜(´・Д・)」




ランキングに参加しています。よかったらクリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 スイーツブログ デコレーションへ


応援ありがとうございます。



by moro1217 | 2015-07-22 06:23 | 作り方紹介 | Comments(0)

オリジナルケーキピック 作り方


f0305147_19572093.jpg

こんばんは。
いつもご訪問ありがとうございます。

昨日に引き続き、自分で作れるケーキピックを紹介してます。
写真入れ替えました。
ハートのピックです。↓
f0305147_19572000.jpg

作り方なんて大層なこと言えないほど簡単です。

でもでも、これがあるのとないのでは大違い!
ケーキが一気に華やぎます 笑)

では

材料

デザインをプリントアウトした紙
ハサミorカッター
楊枝orキャンディー用の棒
木工用ボンド


f0305147_22101876.jpg

①まず、プリントアウトしたデザインを切り取ります。絵の部分と同じ面積を余分に切るのがポイントです。
f0305147_22101943.jpg


②真ん中で折って
f0305147_22101911.jpg

③2枚一緒に薄ピンクの部分を少し残して切り抜きます。この薄ピンクのフチがあると、より可愛く仕上がります(って私の好みです)。
f0305147_22101964.jpg

④無地の方にボンドをつけて楊枝を置き、柄のある方でフタをします。
f0305147_22101944.jpg

⑤出来上がり!
正面から見て白い紙が後ろからはみ出ないように
貼ると、キレイに仕上がります。

でもちょっとくらい気にしない🎶

とっても簡単です。
よく乾かして使ってください。

このやり方は私がやりやすいだけなので、
ご自分のやりやすい方法で作ってくださいね。

f0305147_19572133.jpg


先日作った嵐ケーキにもこのピックが使ってあります。

ハートの中の文字はSATOSHIです。
バースデーガールが嵐の大野智君のファンだったので。

自分で作れば入れる文字も自由自在。
デコの幅も広がって楽しいです。

そうそう、こんなのも作っちゃいました。
f0305147_22102041.jpg

このピックは今日焼いたブラウニーをマイクラの草ブロックに見立てて、そこに飾る予定です。
楽しみ〜🎶





ではまた明日!

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいですm(__)m
にほんブログ村 スイーツブログ デコレーションへ

いつもありがとうございます。

by moro1217 | 2015-07-18 19:57 | 作り方紹介 | Comments(0)

ケーキ用バンティング&ピック 作り方

f0305147_09114444.jpg


こんにちは。
いつもご訪問ありがとうございます。

ちょっと内容を見直しました。

今日はとっても簡単なケーキ用バンティングの作り方を紹介します。
バンティングって…これこれ、これのことです。
ケーキにさしている旗です。

旗だからバナーですよね…って思ってたら、バンティングっていうんですって。ケーキトッパーっていうと旗以外の飾りですよね(自信なし💧)


f0305147_09114415.jpg


作り方といっても、見たまんま。
特別なことは何一つありません。

決まったルールもないし自由で良いと思い、
私も好きに作っています。

材料

デザインをプリントアウトした紙
ハサミ
カッター
麻ひも
竹串
木工用ボンドorグルーガン(必要なら)

①パソコンで作りたいデザインを作ってプリントアウトします。(私は安価なDTPソフトを使用してます)
f0305147_09114416.jpg

紐に紙を巻きつけるので、文字の上は少しスペースをあけておくとよいです。

紙は普通のコピー用紙をつかっています。竹串や紐につけるタイプなので、光沢があるような厚手の紙はかえってつかいずらいです。
f0305147_09114529.jpg

②好みの形に切り出します。
あとは紐に巻きつけるだけ。
私はボンドとかノリはここには使いません。

直接ケーキに触れはしませんが、使わなくて良いなら使わないほうが良いかなーって。

紙はくるっと紐に巻きつけるだけでしっかりくっつきます。(巻きつけるところの写真がなくてごめんなさい)

f0305147_09114565.jpg


③両端を竹串に結べば完成です。
結び目が落ちてくるようなら、グルーガンでとめてもよいかも。

竹串の上にフラワークリップをつければ
ラブリー! 笑)

フラワークリップは市販のものをつかいました。
100均なんかで売っています。
f0305147_09114696.jpg


ケーキにのせればいつものケーキも大変身!
みんなハッピーです🎶
f0305147_09114662.jpg


f0305147_09114601.jpg

こちらはビニタイのついたリボンをつけました。


ね〜。
豪華にバージョンアップです。

長くなってしまったので、ハートのピックの作り方は明日アップしますね。
お楽しみに〜!


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいですm(__)m
にほんブログ村 スイーツブログ デコレーションへ
いつもありがとうございます。



































003.gif
by moro1217 | 2015-07-17 15:51 | 作り方紹介 | Comments(0)

電球花びんの作り方

f0305147_22302570.jpg

こんにちは。いつもご訪問ありがとうございます。昨日今日と幸せな蜥蜴は電球アップサイクルをお送りしてます(大げさな)


先日の電球の花びんの作り方がとっても簡単だったので、ちょっとご紹介。
用意するものは

f0305147_22302662.jpg

昔ながらの電球と、ペンチと、先の尖ったもの。
あとは手袋と保護メガネがあれば。
作業はガラスの破片が散らばるので、空き箱の上なんかでやると後片付けがらくちんです。
f0305147_22302670.jpg

まずは先端の銀色の部分をはがします。ちょっと苦労しますが、ガシガシやってると端っこがむけてくるので、あとはペンチで挟んで簡単にはがせます。
f0305147_22302674.jpg

次は周りの黒いガラスを割ります。
真ん中に開いた穴にマイナスドライバーとかを入れて、ガシガシ前後に動かすと上手く割れます。
f0305147_22302612.jpg

割れたら破片を取り出して
f0305147_22302777.jpg

更に中のヒューズ?とかフィラメント?などもろもろも、黒いガラス同様に割って取り出します。
f0305147_22302757.jpg

後はキレイに洗って出来上がり〜。
f0305147_22302773.jpg

前回はそのまま花びんにしましたが
f0305147_22302811.jpg

ちょっと物足りない気が…。
これはこれでステキなんだけど。
今回は電球の差し込み部分を色付けして、さらにネジとちょうボルトを飾ってスチームパンクに。
f0305147_22302893.jpg

















うーん、なかなかよいかも!
003.gif

by moro1217 | 2015-06-05 22:02 | 作り方紹介 | Comments(0)

ブルーベリーコブラー 作り方

f0305147_21284466.jpg
昨日のブルーベリーコブラー(風)が美味しかったので作り方と分量(適当)をご紹介。

15センチ角型1コ分

型にはバターを塗って紙をしく。
オーブンは180℃に予熱。
粉類はあらかじめ振るっておく。

材料
クランブル
薄力粉 50g
砂糖 50g
アーモンドプードル 50g
バター (冷たい)50g

フィリング
冷凍ブルーベリー 200g
小麦粉 大さじ1
砂糖 大さじ1

ケーキ
バター 50g
砂糖 50g
卵 1コ
アーモンドプードル 30g
*小麦粉 50g
*ベーキングパウダー 小さじ1/2

作り方

①クランブルの材料を全部ボールに入れてスケッパーなどでバターを切りながら合わせる。
指ですりまぜても。
全体に混ざったらまとめてラップして冷凍庫で待機。

②ブルーベリーと大さじ1の小麦粉と砂糖はあえておく。

③ケーキの材料をバター、砂糖、卵、アーモンドプードル、ベーキングパウダーと振るっておいた小麦粉の順に混ぜたら型に流す。
生地は少なめです。

④小麦粉と砂糖をまぶしておいたブルーベリーを③の上に散らばす。

⑤①のクランブルを④の上に崩しながらまく。

⑥180℃のオーブンで30分焼く。





完成です。

焼き立てアツアツでも美味しいし、冷めても美味しいです。型に紙をしかなくても、油脂を塗って小麦粉をはたいても問題ないです。

今回使った小麦粉はドルチェ、バターはエシレ、砂糖はキビ糖と上白糖半々です。
材料が良いとやっぱ違うなー。
クランブルサクサク〜🎶



f0305147_16172315.jpg


にほんブログ村 スイーツブログ デコレーションへ  



by moro1217 | 2015-02-10 17:17 | 作り方紹介 | Comments(0)

イソマルトジェム 飴の宝石 作り方

f0305147_2322558.jpg

実は友人から近々、(アナと雪の女王)のケーキを頼まれています。
デコレーションをどうしようかと迷った挙げ句、イソマルトを使ってみることにしました。
袋の裏面には水を加えて作れと書いてありますが、海外のサイトで水無しで作っている人を知り、私もやってみることに。
まずは材料。
f0305147_2313825.jpg

イソマルト。着色料。手袋。楊枝。キャンディーモールド。シリコンマット。シリコンカップ。
最初に必要な物は全部用意しておかないと、焦ると危ないです。何しろ熱い!

キャンディーモールドには油脂を塗っておきます。
シリコンカップにイソマルトを入れ、(今回は14g)電子レンジに入れます。
f0305147_23135243.jpg

1000ワットで1分20秒すると、部分的にブクブクわいてきます。一度出して楊枝でぐるぐる混ぜ、もう一度レンチン。今度は大体10秒位。
f0305147_23141562.jpg


全体に溶けて、ブクブクしたらおけ。一気にレンジで全部溶かすと、すぐに飴が焦げはじめて茶色になるので注意です。
f0305147_23145187.jpg


楊枝で好きな色に着色。
f0305147_2315621.jpg


色が均一になったらキャンディーモールドに流します。手袋をわすれずに!
f0305147_23152253.jpg


型より気持ち少な目に入れないと、型からはずしたあとにバリがでます。
固まったら型から外して、お好みでアラザンなどで飾って出来上がり。
残ったイソマルトはシリコンマットにポタポタ垂らせば、それだけでキレイな宝石みたい。
f0305147_2344660.jpg

シリコンカップに残ったイソマルトは固まったらばりっと簡単に剥がれるので、お手入れ簡単♪
イソマルトの袋の裏側に書いてある使い方は試してないのでわかりませんが、とりあえず、水を加えず、レンジ加熱でも作れることがわかって良かったです。

何事も突き詰めたらきりがないけど、ケーキに飾る宝石ならこれでもまぁまぁいいんじゃないかな。
本気で飴細工やってる人にはおそれ多くて見せられないけど(笑)




とはいえ、推奨されてる作り方で作った方が、より素敵な宝石が出来上がる可能性もありありです。時間があるときに試して見たいです。


今回は3~5センチの大きな型を使ったけど、もっと小さいのが欲しいな~。


そうだ!これで今度ジョジョの“叡者の赤石”作って、石仮面作ろう!ってえいじゃの漢字間違ってる?(笑)
あ、カタカナか。エイジャ。スーパーエイジャ。作りたいな~。


そんなことばっかり言ってて中々実現しないけど(汗)



にほんブログ村 スイーツブログ デコレーションへ  


003.gif
by moro1217 | 2014-07-02 23:11 | 作り方紹介 | Comments(2)

チョコトカゲの作り方

f0305147_13341076.jpg

私がいつもケーキにのせているチョコトカゲの作り方を紹介します。
作り方と言うほどの事はありません。とっても簡単。
f0305147_1335753.jpg

用意するのはテンパリングしたチョコ、またはキャンディメルツなどテンパリング不要のチョコを溶かしたもの。
ジップロック。下書きのトカゲ。オーブンシート。

f0305147_1337132.jpg

下書きの上にオーブンシートをしき、ジップロックにチョコを入れ、先をほんの少しだけハサミで切る。
f0305147_13381637.jpg

下書きの線にそってチョコを絞り出す。
できたら冷蔵庫でひやせば出来上がり♪
f0305147_13384990.jpg


もしかしたらトカゲじゃなくてイモリかヤモリかもしれませんw

ケーキにのせるとかわいいです003.gif
f0305147_13413478.jpg
にほんブログ村 スイーツブログ デコレーションへ  

by moro1217 | 2014-05-25 13:32 | 作り方紹介 | Comments(1)

シャネルケーキ 工程

f0305147_2235396.jpg

昨日アップしたシャネルバッグケーキ、作り方というか工程をご紹介ヽ(・∀・)ノ

まず土台となるパウンドケーキを焼いておく。今回は横15cm高さ5.5cm幅7cmのパウンド型でイチゴとココアを1本ずつ用意しました。
f0305147_2242152.jpg

用意したパウンドケーキを適当(私は2cm位)な厚みにスライス。
バターフロスティングを接着剤に交互に積んでいく。
f0305147_22442557.jpg
横の長さが足りなかったので、ちょっときりばり(笑)厚みもバックに似せるため3センチくらいに切りました。
ケーキをバックの形に似せてナイフなどで整えたら、フロスティングでクラムコート。
f0305147_22464849.jpg

平らにすることばかり考えて塗っていたのですが、一回作って思ったのはもっと丸みを持たせてぬれば良かったといあこと。そうすればもっとふっくらして、実物により近いケーキになったんだな~。
で、ケーキはいったん冷蔵庫で休憩。
その間にフォンダンの準備を。
今回はマシュマロ約200g位で、出来上がり約横19cm.奥行き5cm.高さ11cmのケーキを覆うのにちょうどくらいでした。
f0305147_22533772.jpg

フォンダンを伸ばし、サイズ通りに切り出して、
f0305147_22541842.jpg

点線つけるコロコロでキルティングにしたら(本当はこのための専用ツールがありますが、持ってないので100均で買った手芸用コロコロです)
f0305147_225566.jpg

ペトペト貼る。簡単にくっつきます。
金具や飾りは前日に準備しておくと慌てず良いです。
f0305147_22591716.jpg


f0305147_22562242.jpg

f0305147_225813.jpg

あっという間に(笑)出来上がり!
飾りをつけると、ますます楽しくなってきます。
f0305147_231242.jpg


マカロンは竹すみのマカロンにイチゴガナッシュをはさんであります。

近いうちにもっともっとリアルなやつを作りたいな~。


  にほんブログ村 スイーツブログ デコレーションへ


012.gif
by moro1217 | 2014-04-24 22:35 | 作り方紹介 | Comments(0)

マカロンブーケ 製作工程

f0305147_18155813.jpg

お誕生日のケーキにそえるマカロンのブーケを作ります。
何てったって簡単です。作り方というほどのことはありません。
必要なものは
f0305147_18172292.jpg

ガナッシュをはさんだマカロン数個。今回は10こつかいました。
ステンレスのワイヤー(0.9mm)適宜。
ラジオペンチ、ハサミ、フローラルテープ、リボン、セロハンなど。
お好みでお好きな色のマシュマロフォンダントと(0.45mm)のステンレスのワイヤー。
あと消毒にアルコール。
f0305147_18213757.jpg

まず、マカロンの個数分ワイヤーを切る。今回は15センチ。
f0305147_18221121.jpg

食べた時に切り口が当たらないようにするためと、ワイヤーを外れにくくするためにマカロンをさす部分をラジペンなどで丸めておきます。
f0305147_18242418.jpg

マカロンにアルコールで消毒したワイヤーをさして
f0305147_1825034.jpg

お好みで同じようにワイヤー(細めのワイヤー)にさした丸めたマシュマロフォンダントと一緒にしてフローラルテープでぐるぐるまきにします。
f0305147_18262444.jpg

セロハンを巻いてリボンをかければ出来上がり。


最近は気温が高いので、冷蔵庫の外に出しっぱなしだと、マカロンがワイヤーから外れてしまうので注意です。
ケーキにさすにはあんまりたくさんマカロンを使わない方が良いです。重くなるので。


にほんブログ村 スイーツブログ デコレーションへ  


by moro1217 | 2014-04-08 18:07 | 作り方紹介 | Comments(0)

ちょこちょこ内容をみなおしてます。現在オーダーは受け付けておりません。


by モロン
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る